株式会社ブリヂストン鳥栖工場

鳥栖・三養基・神埼

世界有数のタイヤメーカーのブリヂストン、その鳥栖工場は国内で6番目のタイヤ工場として1970年に操業を開始しました。

以来、ブリヂストンの中でも最高水準の乗用車用のラジアルタイヤを製造するものスゴ~い工場です。

放送日:2019年2月20日

「成型工程」では、トレッドを始めとするタイヤの部材を合わせて、タイヤの原型となる「生タイヤ」が作られています。

最高の品質のタイヤを作るためには、部材一つ一つを正確にセットする技術が必要となります。

その後、生タイヤを弾力のある安定した性能にするために高温・高圧の蒸気に一定時間押し付ける、「加硫工程」に入ります。

放送日:2019年2月13日

今回はブランド車にも使われている、タイヤの製造工程に迫ります。

タイヤは、トレッド・サイドウォール・カーカスプライ・ベルト・ビードからなるパーツが組立らえて出来ています。

タイヤが道路と接する部分のゴムを帯状に加工した部材のトレッドは、ゴムに熱を加えて練り上げ、押出機で帯状に押し出して製造されます。

放送日:2019年2月6日

世界有数のタイヤメーカーのブリヂストン、その鳥栖工場は国内で6番目のタイヤ工場として1970年に操業を開始しました。

以来、ブリヂストンの中でも最高水準の乗用車用のラジアルタイヤを製造するものスゴ~い工場です。

ブリヂストンは150か国以上で事業展開をしており、世界中に200もの工場や研究所、そして14万人もの従業員を抱える大企業です。

放送日:
2月20日
放送日:
2月13日
放送日:
2月6日