中国木材株式会社伊万里事業所

伊万里・有田

広島県呉市に本社を置く中国木材株式会社。その九州の拠点として2003年に伊万里事業所が設立されました。

東京ドーム5個分もの広大な敷地にある工場で、木造住宅に使用する様々な材木を加工・販売し、木材住宅の製材製品は全国トップクラスのシェアを誇ります。

放送日:2018年12月26日

中国木材では、材木を作るだけでなく、間伐材や工業廃材の有効活用も積極的に行っています。

集成材となる木材の水分量を15%以下にする乾燥機の燃料として、間伐材や工場廃材を使用しています。

また、間伐材や工場廃材を燃料にした「バイオマス発電所」も稼動しており、その発電能力で伊万里市全体をカバーできる程もあります。

放送日:2018年12月19日

家一軒を建てる際に必要なプレカット加工部材は、土台から屋根までを合わせて800本ほどあります。

プレカット課では、図面をもとにプレカット加工用のデータを作成し、その後加工グループにて作成されます。

こちらでは機械を使い、毎日様々な製品が約8000本も加工され、中には蟻仕口(ありしぐち)と呼ばれる複雑な加工部材もあります。

放送日:2018年12月12日

佐賀県企業のものづくりのスゴさを紹介する番組SAGAものスゴ!今回は中国木材株式会社伊万里事業所を紹介します。

伊万里集成材課では、広島の本社工場や西九州で丸太の皮剥が行われて板状にカットされた材木をもとに、集成材が製造されています。

様々な集成材があり、ラミナ・ビーム(ベイマツのみ)、ハイブリッド・ビーム(ベイマツ+スギ)、国産材シリーズ(スギやヒノキ)などに加工されています。

一つとして同じものが無い材木を、板の強度に応じた圧力をかけ、真っ直ぐな板を生産する、高度な技術が必要となります。

放送日:2018年12月5日

広島県呉市に本社を置く中国木材株式会社。その九州の拠点として2003年に伊万里事業所が設立されました。

東京ドーム5個分もの広大な敷地にある工場で、木造住宅に使用する様々な材木を加工・販売し、木材住宅の製材製品は全国トップクラスのシェアを誇ります。

工場内の敷地内には、家2000軒分もの材木が常備されているほか、材木を直接船で運ぶための船着き場まで完備されています。

放送日:
12月26日
放送日:
12月19日
放送日:
12月12日
放送日:
12月5日