株式会社三川

鳥栖・三養基・神埼

段ボールの加工機械の専門メーカーとして、オリジナル製品の設計・加工・組立および販売を行う三川。積み上げてきた技術と実績をベースに、多品種・少量生産を可能にする製品づくりが強みで、ビジネス拠点は国内のみならず海外にも広がっている。

放送日:2018年3月12日

三川の設計部では、お客様の要望に合わせた設計のみに止まらず、生産性向上のための提案も行っています。
その後、加工場で機械を用いた加工が施され、塗装・組立を経て、製品の完成です。
三川では従業員一人ひとりが一丸となってより良い製品づくりを目指しています。

放送日:2018年3月5日

三養基郡みやき町ある株式会社三川は、今年同業70周年を迎える段ボールから様々な箱を作り上げる機械を製造・販売しています。
高い開発・技術力で国内はもちろん、世界各国で高い評価を受けているもの凄~い会社です。
今回は「自動平盤打抜機」の仕組みについて伺いました。

放送日:
3月12日
放送日:
3月5日

YUKI TASHIRO

31歳2018年2月現在

中。 入社2年目の田代さんは、自動平盤打抜機など段ボールの加工機械の組み立てを担当。 「自動平盤打抜機は機能ごとにパーツを分けて組み立てています。それぞれの組み立てが終わったら、パーツをつなげて1つの機械に仕上げます。私の担当は、材料を抜き型どおりの形に打ち抜くためのプレス部分です」。人の手作業を中心とする工程が多く、一番難しいのが圧力の調整。抜き加工を行う材料の素材や厚みによって、圧力のかけ方が異なるため微妙な調整が必要となる。 休日は、趣味のバイクでツーリングに出かけるのが楽しみ。