株式会社友桝飲料

佐賀・小城・多久

明治35年にラムネ製造販売を開始した友桝飲料。現在は、小ロットによる生産体制を整備し、自社ブランド飲料の製造だけでなく、ODM事業で他社ブランドの商品設計から容器やラベルデザイン、販売支援に至るまでトータルでサポートする。

放送日:2018年8月28日

開発数日本1位を誇る友桝飲料の工場では、第1工場でビン製品、第2工場でペットボトル製品が製造されており、その出荷数は1日当たり30万本にもなります。
安全面を考慮した、ビンの状態確認や浮遊物などのチェックを除いて、製造工程のほぼ全てがオートメーション化されています。
厳しい検査を終えると、オリジナリティ溢れる友桝の製品が全国へと出荷されて行きます。

放送日:2017年8月21日

創業115年を誇る友桝飲料は、「一歩先んじる商品づくり」をモットーに、「こどもびいる」など多様なオリジナル商品を開発・製造しています。
小城と長野にある工場を拠点として全国展開をしており、ソフトドリンクの企画・開発・製造・販売まで独自で行っています。
オリジナリティに溢れる友桝飲料、実はあることで全国シェアNo.1なんですが…それは一体何でしょうか??

放送日:
8月28日
放送日:
8月21日

AIJU FUJITA

20歳2017年7月現在

入社3年目の藤田さんは、品質管理に所属。「充填ラインがスタートする前に、炭酸のガス圧が規格にあっているか、機械は正しくセッティングされているかなどを確認。製品を抜き取って、微生物の検査や1時間毎に糖度や酸度のチェックなども行います」。同社には全国各地から発注があり、2015年には炭酸・清涼飲料水の新商品開発件数が約150件で日本一に輝いた。多品種にわたる製品を、安定かつ効率よく生産するには、徹底して品質を管理する人の目が必要不可欠だ。休日の楽しみは、友達と食事に出かけたり、姪っ子と遊ぶこと。

YUYA MORI

21歳2017年7月現在

入社3年目の森さんは、生産技術に所属。「主に、生産ラインの充填工程を担当しています。製品によってペットボトルやビンなど、容器の種類や大きさが違っていて、ラベルデザインも様々。ラインを動かす前に、製品にあわせた部品を交換するなど、機械の調整をするのが私の仕事です。機械トラブルでラインが停止した時も迅速に対応します」。同社は、小ロット多品種生産に対応していることから、一日のうちに何種類もの商品を製造することがあり、その都度、約2時間かけて調整・セッティングを行っている。趣味は釣りと映画鑑賞。